カート
ユーザー
絞り込む
商品別
サービス
ショップ
  • ホーム
  • オリーブ製キッチン用品のお手入れ方法
オリーブ道具のよさ
 
 

 オイルによるお手入れについて


皆様、日頃より私共のオリーブ製品を御愛用頂きありがとうございます。

リトルデザイナーのオリーブ商品は、いずれも100年を超える樹齢の木を利用しています。よって、極めて乾燥された状態のみを使用しております。
 
それが弊社商品のカビへの強さや高密度につながりますが、その裏返しとして製品が乾燥しやすいという傾向があります。皆様の食卓を彩る食器としてのご利用を考えますと、常にみずみずしく鮮やかな道具を保ちたいもの。
 
そんな皆様に向けて、とっても簡単なお手入れ方法をご案内します。基本的には手入れをしなくてもご利用いただけます。ただ、ずっと美しい状態を保つのであれば、オイルでの簡単なお手入れをおすすめします。

 

 
 
こちらをご覧ください。樹齢150年のオリーブの木から彫刻したカッティングボードです。ただ、樹齢を重ね多分、乾いており、画像で見ても感想での白さは明らかです。
 
それが、皆様が普段料理の際に行うごくごくかんたんな作業をしていただくだけで、ここまで変わります。数分で終わる作業です。
 
 



いかがでしょうか?

違いは一目瞭然。

遠くチュニジアでは、オリーブウッドはお母様の世代から何代にも渡って使われるまな板もあり、簡単でもメンテナンスすることによって、色褪せからも乾燥からも守ることができます。
 
皆様が長く御愛用できますよう簡単なお手入れ方法をご紹介いたします。

 

 お手入れの際にご用意いただくもの



・フライパンに普段ひくオイル
・キッチンペーパー
オリーブまな板お手入れ
オリーブまな板お手入れ2
 


今回はオリーブオイルとひまわり油を50%ずつ配合しているものを使います。500円くらいで買いました。エクストラバージンオリーブオイルほど高くなく、オリーブウッドに馴染みやすいので使っています。
 
ちなみにオイルの種類はどのご家庭にあるサラダ油などでも構いません。厳密には油は乾性油と不乾性油に分けられ、オイル塗装は前者が向いていますが、オリーブウッドのお手入れというシーンに限って言えば、正直そこまでの違いはありません。まずは、皆さんが手軽にできるものから始められて結構です。大事なのはお手軽に継続できることです。


 

 お手入れの手順


分かりやすいように動画を公開しました。是非ご覧ください。
 


普段、フライパンで料理をするときに、油をひいて、人によってはキッチンペーパーで余分な油を取りつつ、フライパン全体に油をなじませます。イメージはこれと同じです。キッチン道具を使った後のひと手間です。頻度は数ヶ月に1度程度で構いません。
  1. オリーブキッチン道具にオイルを全体に広がるように塗ります。カッティングボードなら、油を垂らし、キッチンペーパーでなじませて伸ばします。
  2. 余分なオイルを拭き取ったら1日ほど放置します。油が馴染みます。最後にキッチンペーパーで油をよく拭き取っていつも通りご利用ください。
以上がオリーブ製品のメンテナンス方法です。ぜひ、お試しください。

 

 ご注意


食洗機は可能ですが、電子レンジ、オーブンはお控えください。
また、長時間の浸け置きも変形や変色の原因になりますので、お避けください。
 



リトルデザイナー 店主